CFI(チャペル・フェローシップ・インターナショナル)

CFIニュース


今月のメッセージ


「希望の言葉② (CFIニュースレター2019.3月号より)

[今月の聖書]

わたしは苦しまない前には迷いました。しかし今はみ言葉を守ります。あなたは善にして善を行われます。あなたの定めをわたしに教えてください。(詩編119:67、68)


わたしはあなたに命じたではないか。強く、また雄々しくあれ。あなたがどこへ行くにも、あなたの神、主が共におられるゆえ、恐れてはならない、おののいてはならない」。(ヨシュア1:9)

あなたの道を主にゆだねよ。主に信頼せよ、主はそれをなしとげ、あなたの義を光のように明らかにし、あなたの正しいことを真昼のように明らかにされる。(詩篇37:5、6)

夕方になったとき、舟は海のまん中に出ており、イエスだけが陸地におられた。
ところが逆風が吹いていたために、弟子たちがこぎ悩んでいるのをごらんになって、夜明けの四時ごろ、海の上を歩いて彼らに近づき、そのそばを通り過ぎようとされた。
彼らはイエスが海の上を歩いておられるのを見て、幽霊だと思い、大声で叫んだ。
みんなの者がそれを見て、おじ恐れたからである。しかし、イエスはすぐ彼らに声をかけ、「しっかりするのだ。わたしである。恐れることはない」と言われた。
そして、彼らの舟に乗り込まれると、風はやんだ。彼らは心の中で、非常に驚いた。(マルコ6:47-51)

昼には、主はそのいつくしみをほどこし、夜には、その歌すなわちわがいのちの神にささげる祈がわたしと共にある。(詩篇42:8)

たといわたしは死の陰の谷を歩むとも、わざわいを恐れません。あなたがわたしと共におられるからです。あなたのむちと、あなたのつえはわたしを慰めます。(詩篇23:4)

神はあなたがたをかえりみていて下さるのであるから、自分の思いわずらいを、いっさい神にゆだねるがよい。(第一ペテロ5:7)

 

 これらの事の後、主の言葉が幻のうちにアブラムに臨んだ、/「アブラムよ恐れてはならない、/わたしはあなたの盾である。あなたの受ける報いは、/はなはだ大きいであろう」。この時、主の言葉が彼に臨んだ、「この者はあなたのあとつぎとなるべきではありません。あなたの身から出る者があとつぎとなるべきです」。そして主は彼を外に連れ出して言われた、「天を仰いで、星を数えることができるなら、数えてみなさい」。また彼に言われた、「あなたの子孫はあのようになるでしょう」。アブラムは主を信じた。主はこれを彼の義と認められた。(創世記 15:1、 4〜6)

 

彼は、神の約束を不信仰のゆえに疑うようなことはせず、かえって信仰によって強められ、栄光を神に帰し、神はその約束されたことを、また成就することができると確信した。(ローマ 4:20、 21)

 

あなたの約束はわたしを生かすので、わが悩みの時の慰めです。(詩篇 119:50)

苦しみにあったことは、わたしに良い事です。これによってわたしはあなたのおきてを学ぶことができました。(詩篇 119:71

あなたのみ言葉はわが足のともしび、わが道の光です。(詩篇 119:105

 

それは聖書の与える忍耐と慰めとによって、望みをいだかせるためである。(ローマ 15:4)

 

[メッセージ]

 お元気でお過ごしでしょうか。今月は希望の言葉②「人生の指針」と題してお話いたします。

信仰とは神に導かれる旅であると言われます。

自分で舵を取るところから、神の導きに従って生きると言う生き方の変更を意味しています。

古代の人々は不思議な霊的経験によって神の声を聞きました。

私たちはその記録の集大成である聖書によって神の声を聞くことができます。

人生には迷いと不安と言う2つの大きな試練が待っています。

迷いに対して聖書は「思い煩うな」と言い、不安に対しては「恐れるな」と言っています。

人生の節目で、また試練のただなかで、聖書の言葉から神の御声を聞くことによって試練を乗り越えられる人は幸いです。

あなたの聖書が生き生きと心を励ますものとなりますようにお祈りしています。

小田 彰

 

 


バックナンバー(前月までのニュースレター)はこちら

CFI  みことばのネットワーク


どこにいても定期的にメッセージが聞けるみことばのネットワーク。

信仰を求めつつ教会にいけない方、試練のなかでみことばを求めている方、賛美と喜びに満ち溢れたいと望む方のために、

国内外を問わず毎月メッセージCDをお送りしています。

また、インターネットで小田牧師の動画メッセージが配信されています。

それはまた祈りのまじわりでもあります。

全国各地で地区集会も開かれています。

 

 


CD・カセットテープ お申込み

牧師のことばを、より身近においておきたい方のために…。

▶お申し込みはこちらからどうぞ

 

動画メッセージのご視聴

牧師のショートメッセージを、動画でご覧になりたい方のために…。

▶ご視聴はこちらからどうぞ

  毎週更新されています。